大寒卵で

昨日は午後から白石へ買い物に出かけました。
七日原は8センチ程雪が積もっていたのに、麓はうそのように
全く雪もなく、雪がないどころか青空さえ見えました。
市内では車の屋根に積もった雪がとても滑稽に見えます。

帰りにいつもお世話になっている「竹鶏ファーム」さんに寄って
見つけましたよ。
『大寒卵』!
すっかり忘れていたけれど、健康と金運アップに良いといわれている
大寒の日に産まれた卵、早速買って帰りました。
冬は鶏も産卵が減るので特に大寒に産まれた卵は
栄養がギュッと詰まっていることと、
黄身の黄色は金運の色ということで大吉卵なのです。

生で食べるのも良いけれど、今回は何かと便利な味付け卵にして
長く御利益にあずかろうかと思います。

沸騰したお湯で8分茹で、氷水で冷やし殻を剥いた卵を
作っておいた調味液に漬け込みます。

酢が入っている調味液なので保存もきいて
なにかと重宝しそうです。
そして健康、金運アップを目指して食べることにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. お客様に感謝! 6年目へ

関連記事

  1. 蔵王時間マルシェがムービーに
  2. 年末の家内工業
  3. 小さい秋
  4. 実りの秋 イチジク編
  5. 贅沢
  6. 競争
  7. 無事終了
  8. 来てね

コメント

  1. おおっ!
    美味そう(^^♪
    特に黄身がちょうどいい感じですね。
    8分で冷やすのですね!(^^)!
    こういう調理法がなかなか思いつかない標高480mでした。

      • peco
      • 2020年 1月 23日

      標高480mさん
      できた卵はいつもは麺つゆに漬け込むのですが
      今回は一か月保存可能という聞いたレシピで作ってみましたよ。
      酢 1カップ
      醤油 半カップ
      砂糖 半カップ
      味醂 1/4
      を火にかけ冷ましたのに漬け込むやり方です。酢が嫌いでなければ試してみてね(*’▽’)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP