カッピング勉強会

東北のコーヒーシーンを盛り上げようーと時々集まっている Coffee Fellows の仲間 がcafe fua に集まり、リトリート(焙煎合宿)の復習を兼ねたカッピング勉強会を開催しました。

この日やったことは①撹拌方法による味の違い②フロート除去時間による味の違い③Top of Top(ケニア)、Low Spechialty(ブラジル)、High Commercial(グアテマラ)、これらのブレンドによる味の違い、チェックです。③の産地別カッピングでは Flat White Coffee Factory のミッキーさんがニカラグア・リモンシリョ農園のパカマラ・ハニーを持ってきてくださり、こちらの味もチェックすることができました。

撹拌方法ではスプーンの背と腹、そして撹拌回数による違い、フロート除去では15秒から5分までの差を設け、その違いを確かめました。差が大きいと違いが明確にわかりました。

1人でやっていると、わかりづらいカッピングですが、こんなふうに仲間同士でやるとテンションが上がり、テクニックも上達したような気分になりました。なにより楽しい時間を過ごすことができました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. お客様に感謝! 6年目へ

関連記事

  1. 蔵王時間手作りマルシェ
  2. 危険すぎる2018年初日。
  3. クマノアブラ
  4. 春の恵み その2
  5. 台風
  6. お客様に感謝! 6年目へ
  7. おめでとう
  8. どうしてそんなに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP