突然の知らせ

先週土曜日のことです。
足の不自由なおばあさんが、ご一緒の方の介助を受けながら、cafe fua の階段を一段いちだん登り、店にいらっしゃいました。
「すみませーん」
店頭で伺うと、
「Oです。娘の好きなコーヒーを買いたくて」
はい?
娘が、こちらのコーヒーを好きだ、と言ってて」
え? Oさん?
「娘にあげたくて」
・・・。

Oさんは7月に病気で亡くなっていたのでした。

Oさんは月に2度ほど、近くの整骨院にお母様とお友達を仙台から送迎していました。
その施述の合間に当店へいらっしゃっていたのです。
今日の(連れてきた)御一行様は何人様ですか? と尋ねると、「三人様」だったり「お二人様」だったり。
いつも新聞を持参し、入念に読み、時には数独を楽しんでいました。
「今日のコーヒー」を飲み、帰る際にはエチオピア・イリガチェフェの深煎りを買うのが決まりでした。
ですから、こちらも「Oさんがいらっしゃると思って焼いておきました」と。

そのOさんが3月ごろからぱったり、現れなくなりました。
遠方へ転勤したのか、何か気に触ることがあったのか?
エチオピア・イリガチェフェを焙煎する度に、今日はOさんが来るかも、と期待します。
相方は、頼まれてもいないコーヒーを試飲させるから嫌になったんだ、と非難します。

それが・・・。

現役で仕事をしている方でしたから、このような”理由”は想像つきませんでした。
お母様によると、病気のことは秘密にしていて、死の直前まで仕事を続けたそうです。

お母様には、エチオピア・イリガチェフェの深煎りをお渡ししました。

Oさん、七日原セントラルロードでは今年もドウダンツツジが真っ赤に色づいています。
もうすぐ12月です。Oさんが教えてくれた、12月上旬の方が、冬至より日暮れが早いんだ、ということ、確かめますね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. お客様に感謝! 6年目へ

関連記事

  1. 美味しかったこと。嬉しかったこと。
  2. お雛様
  3. 蔵王時間マルシェがムービーに
  4. カモミールの丘で
  5. 雪の下ニンジン
  6. 百花繚乱
  7. 来てね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP